住宅ローンの借り換え術

今は住宅金融公庫から35年固定金利で住宅ローンを借りています。でも、JAバンクの住宅ローンの方が金利が安いので借り換えしようかと検討中です。

住宅ローンの借り換え術

住宅ローンの借り換えを検討する女性

恐らく人が生きている時間の半分くらいを共有する債務が住宅ローンなのではないでしょうか。

家を買う人借りる人、債務を背負う人背負わない人など、住宅ローンやリフォームローンに関しては豊かな人生の糧になるのか負担になるのかなど、テレビなどで度々話題になりますしパネラー同士の討論のネタにされます。

そのくらい住宅ローンを組む、または組まないという議論は甲乙つけがたいのです。


ところがかつては人生において大きな負担であるという意見がわずかに強かった住宅ローンにおいて、今形勢が変わってきているのです。

というのも、住宅ローン金利がじわりじわりと下がり続けてきているのです。

かつて住宅ローン金利は3%台で全国的に推移していたのですが、それが今では2%台を切り、いよいよ1%台をも切るかと言われるくらいの水準にまで下がってきました。

ここまで住宅ローン金利が下がると、35年間の金利負担を考えてもそんなに大きな負担になることもなく、あきらめ掛けていたマイホームが現実的なものになりそうな時代になってきました。

どうしてそんなに住宅ローン金利がここまで低下してきたのかといいますと、まず住宅の供給過剰が挙げられます。


また都心部と地方の住宅供給において大きな開きが起こり、住宅ローンを融資する金融機関同士が、都心部以上に激しい金利引き下げ競争を行った結果、全体的な住宅ローン金利を引き下げたと言われているのです。

ということは既に住宅ローン実行中の人は、より安い金利の金融機関へ借換えするチャンスですし、これから住宅ローンを組む方にとっては数十年に1度あるかないかの低金利時代に組む住宅ローンであるため、大きなチャンスであることは間違えありません。

そこで今回はこれから住宅ローンを組まれる方、そして借換えを検討される方に現在の住宅ローン市場の現状と、賢く借換える方法と賢く完済する方法についてお話していきたいと思います。

また人生半分の時間を共有する住宅ローンですから、時には何かのトラブルに巻き込まれることもあるでしょうし、返済できなくなってしまう最悪の状態も想定できます。

そんな時に使える知識も簡単ではありますがお話していきたいと思います。


もちろん住宅ローンは一度借りたら終わりではありません。

残債や残り返済期間によっては、住宅ローンの借り換えを行った方が総返済額を減らすことも可能な場合もあります。

住宅ローンの借り換えには、金利や諸費用の比較などコツも必要です。

そのような住宅ローンの借り換え術も紹介していきます。
 

納得して決めよう住宅ローン

建物を納得して決めて、返済期間を納得してようやく購入を決めることができるわけです。

住宅ローンは審査があるということで、簡単にマイホームを買うことはできないといってもいいでしょう。

審査の結果によって、家を買うことができるかどうかが左右されるといえます。

審査に関しましては、ほかのローンでも同じようにあるわけですが、所得証明などの公的な書類を準備しておくことが必要です。

かならず事前に入手しておきましょう。


また、住宅ローンの返済に関しても、生活に無理がないようにしなければならないわけですが、その前に諸費用や頭金をしっかり準備しておくことが求められます。

頭金があることによって、返済期間と毎月の支払いを少なくすることができ、堅実な返済ができるのではないかと思います。

信用は審査が通ったことで終わるわけではなく、遅れることなく返済していくことで築き上げられるものです。


そして、本当の意味で自分の家となるのは、完済してからになりますが、毎年税金がかかりますので、税金を納めることも住宅ローンの返済とともに忘れないようにしてもらいたいものです。


マイホームを得た以上はこれまでよりも大きな責任が問われることになりますので、しっかりと予定通りに返済して、責任を果たしてもらって、自分のものになるように努めてもらいたいものです。


ただ、住宅ローンを利用する前に、ほかのところで問題がある場合は利用することができませんので、その場合は仕方がないことを認識しておいてください。

住宅ローンに関して最新の金利情報などはこちらのサイト(住宅ローン借り換え比較.biz)が参考にあります。